読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞切り抜き30:毎日新聞 陸上、リオ参加に道 全競技、国外薬物検査義務 IOC

記事要約

IOCは21日、スイスで国際競技団体など関係者を集めた「五輪サミット」を開き、組織的なドーピング違反でロシア陸上競技連盟を資格停止処分にした国際陸上競技連盟の決定を支持した。ただし、個々の選手に対しては条件付きでリオデジャネイロ五輪への参加を認めた。国際陸連が認めたドーピングに関与していない国外拠点の選手、またはスポーツ仲裁裁判所が潔白であると認めた場合はロシア選手団として出場できる。

疑問

潔白な選手はちゃんと出場できるのか?

考え・主張

国家ぐるみのドーピングというのはもちろんいけないことである。関わっていない選手もいるはずなので、無条件の出場停止は少々理不尽だと思っていた。妥当な措置だと思う。

新聞切り抜き29:読売新聞 リオで武装グループが病院襲撃、患者1人死亡

記事要約

8月に五輪開幕を控えるブラジルのリオデジャネイロで19日未明、武装グループが公立病院を襲撃し、警官と銃撃戦になった。地元メディアによると、患者1人が巻き込まれて死亡したほか、看護師ら2人が負傷した。

疑問

オリンピックは無事開催できるのか?

考え・主張

リオ五輪に関しては、異例のスタッフ対応マニュアルが発行されるなど、治安が心配される状態にある。すでに選手が襲われたなどの報道があったので、今後は、団体行動などを心がけて、気を付けてほしい。

新聞切り抜き28:日本経済新聞

記事要約

利用者の要望に応じて路線を変更できるバス運行システムが開発された。通常は停車しない特定の停留所に設置されたボタンを押すと、最寄りのバスに信号が伝わり、迂回して寄ってくれる仕組み。このシステムを使えば、公共施設や大型商業施設など利用者の多い場所を中心に路線を組みつつ、利用者が限られる住宅街に臨時の停留所を置いて要望のある時のみバスが立ち寄る、といった柔軟な運行体制にすることができる。

疑問

実際に機能するのか?

考え・主張

効率が良くなるのであれば、どんどん設置してほしい。ただ、設置には、システム導入費1社ごとに2000万~2500万、停留所1か所あたり別途200万円程度かかるらしい。地方では高齢化や人口減少に伴い、乗客数の減少でバス路線の減便や停留所の廃止といった事例が増えているので、こういったシステムが役立つと思う。

新聞切り抜き27:NHKニュース 熊本地震「復旧・復興プラン」来月末めどに全体像

記事要約

20日、熊本県庁で蒲島知事を本部長とする「平成28年熊本地震復旧・復興本部」の初めての会合が開かれました。一連の地震からの復興への道筋を示す「復旧・復興プラン」について、来月末をめどに全体像を、そして9月中をめどに具体的な施策の内容を、それぞれ公表する考えを示しました。

疑問

予算は十分なのか?

考え・主張

熊本は最近、豪雨にも見舞われ、また、これから酷暑が訪れるので、その辺のサポートをしっかりしてもらいたい。復興へのモチベーションを盛り上げ、県民の元気につながっていけばいいと思う。

新聞切り抜き26:読売新聞 参院選「必ず行く」55%

記事要約

読売新聞社の全国世論調査(17~19)で、参院選の投票に「必ず行く」と答えたのは55%であった。調査の数字を年代別にみると、「必ず行く」と答えた人は、18~29歳で21%にとどまり、年齢が若いほど低かった。18歳選挙権が導入される今回の参院選は、投票率の行方が注目される。しかし、調査では全体的に投票意欲や関心が下がっており、投票率の低下が懸念される。

疑問

今回の選挙は、投票率はどれほど増加するか?

考え・主張

各高校で政治・経済の授業では、選挙を意識した授業を展開しているらしい。高3の人も一部は有権者になるわけではあるが、選挙前にしっかりと予備知識をつけて、自分の一票の重みを理解して臨んでもらいたい。

新聞切り抜き25:NHKニュース 米史上最悪の銃乱射事件1週間 1万人以上が追悼

記事要約

6月12日未明、フロリダ州オーランドの同性愛者が多く集まるナイトクラブで男が銃を乱射し、49人が死亡、53人が怪我をした。男は現場で射殺された。男はイスラム過激派の影響を受けていたとされる。
事件から1週間となった19日、現場近くで追悼集会が行われ、1万人以上が参加した。犠牲となった49人の名前が読み上げられるなか、人々はろうそくに火をともし、死を悼んだ。

疑問

なぜ男は同姓愛者があつまるナイトクラブを狙ったのか?

考え・主張

銃社会が引き起こしたいたたまれない事件である。銃の購入の際の制限・確認などはとても緩いらしく、今後なんらかの規制強化は必要だと思う。

新聞切り抜き24:NHKニュース 「パズドラ」不正プログラム公開 大学生逮捕

記事要約

スマートフォン向けのゲーム「パズル&ドラゴン」のセキュリティを解除し、キャラクターのレベルを強くする不正なプログラムをインターネット上に公開したとして、広島市の大学生3年生、若園佳大容疑者(21)が逮捕された。警察の調べに対し、「プログラムを作る実力を見せつけたかった」などと供述し、容疑を認めている。

疑問

どういう類いの罪に問われるのか?

考え・主張

プログラムの実力を見せつけたかったからといって、企業の利益を損なうような、刑罰に問われるようなことに手を染めるのは、どうかしてると思う。今後はその才能を有用なことに用いてほしい。